プロバスケットボールBリーグの将来は明るい

ばすけっと
2016年9月にスタートした日本男子プロバスケットボールの入場者数が、去年に比べて約30%増えているそうです。まずは、順調なすべり出しを切ったと言えますね。TV中継されたリーグの開幕戦はド派手な演出も、試合内容も良かったです。

 

私はBリーグの前身であるbjリーグの試合を1度生観戦したことがあるのですが、会場は盛り上がっており楽しめました。将来、Bリーグはさらに人気がでることを私は確信しています。なぜなら、バスケットボールのスピード感は今の時代にぴったりフィットしていると思うからです。

 

その他にも、今の日本のサッカーはほぼ日本全国にチームがあり、地方におけるサッカー人気は高いです。Bリーグも今後、地方都市にもっとチームが増えると思うので、そうなるとさらに盛り上がること間違いなしです。やっぱり応援したいチームがあるのと、ないのでは大きな違いがあります。

 

それが地元のチームならなおさら応援に熱が入るものです。さらには、バスケットボールは小学校の体育でも触れるので、子供たちにとってもサッカーや野球なんかよりは馴染みのあるスポーツであることも強みですね。

 

問題点は、開幕戦こそテレビ中継されましたが、それ以後はテレビでは見れないので、バスケットボールがそこまで好きでない人へアプローチするのが難しいとことでしょうか。サッカーにおけるワールドカップのような、日本人みんながバスケットボールに注目できるイベントがあればいいのですけどね。

 

現状では、オリンピックぐらいかな。最後に、私は熱心なバスケファンではないですが、チャンスがあればBリーグを会場で体験したいです。

 

いつか海外旅行にくときのためにクレジットカードの作り方を調べる